債務整理 司法書士

債務整理は司法書士より弁護士がオススメな理由

 

債務整理を行う際、司法書士に相談するという人もいるでしょうね。

 

しかし実際現実問題として債務整理は司法書士に相談するよりも、弁護士に相談したほうが良いと言われています。

 

弁護士に依頼すると料金が高そう、なんだか相談しにくいというイメージがあるのかもしれませんが、司法書士事務所には多く債務整理の依頼が来ているのも事実です。

 

 

しかし債務整理をスピーディに行うには弁護士の専門性がものを言います。

 

過払い金の場合を例にあげますと、早く行動を起こさなければドンドン貸金業者が過払い請求によって経営困難に陥り、倒産する可能性があります。

 

倒産されると過払い金回収が出来なくなる可能性があるのです。

 

大手の金融機関であっても同じことが言えます。

 

ですからスピーディに払いすぎた分を取り戻すためには弁護士に相談するのが最も早いベストな方法なのです。

 

 

 

司法書士は簡易裁判所で行われる案件のみを扱うという決まりがあります。

 

その額は140万円で、それ以上の借金に関しては代理交渉などが出来なくなります。

 

弁護士は金額の規定がありませんので、多くの借金を重ねている人は間違いなく弁護士に相談するしか方法はないのです。

 

 

 

司法書士はあくまで簡易的な解決を行うものです。

 

そのため弁護士を依頼するよりも費用は安く済みます。

 

しかし実際確実に過払い金請求や債務整理をスピーディに行うには弁護士に依頼したほうが良いでしょう。