債務整理 手順

債務整理、基本的な手順とは?

 

借金が膨れ上がってしまって返済方法が見つからない、返済する可能性がなくなってしまった場合、債務整理することにより、生活を立て直すことが出来るようになります。

 

 

そのためにはまず弁護士に依頼することが基本です。

 

任意整理の手順としてはまず依頼されると弁護士は弁護士介入通知を債権者に郵送します。

 

 

債権者に対して、今後一切取り立てをしないように、という文面になっています。

 

また今までの取引履歴を見せてもらえるよう指示します。

 

 

この通知書を郵送することにより取り立て、請求が債務者にはこなくなりますから、安心して生活を送ることが出来ます。

 

 

 

手順として次に、取引履歴をもとに引き直し計算を行わせます。今まで払い続けてきた過払い金などがあれば、払い戻しが出来ます。

 

その後、若い案を作成します。

 

債権者、債務者ともどもが納得出来る期間や返済額を決定するのです。

 

裁判所を通さず法的な借金額を決定するのです。

 

同意すると和解に応じてくれたことになり、新しい返済方法が債務者に通知され、返済が始まります。

 

 

以上が任意整理の手順となります。

 

難しい書類などがたくさん出てきますから、専門の弁護士に最初から依頼したほうがスピーディに解決出来ます。

 

借金の額が多ければ多い人ほど、早めに相談に行きましょう。