債務整理 弁護士

債務整理するなら弁護士に依頼を!

 

借金が膨れ上がり、返済が難しくなってくるとまず債務整理を考えるでしょう。

 

債務整理の種類はタイプがありますけれども、多くの場合、自己破産を選ぶよりも任意整理をしたいと思うはずです。

 

 

 

借金総額がそれほど膨大でなく、借入件数が少ない場合は任意整理が最適です。

 

しかし任意整理は弁護士または認定司法書士のみ取り扱うことが可能であるという特徴があります。

 

しかし弁護士に必ずしも依頼しなければ出来ないというわけでもないようです。

 

債権者との和解交渉を自分自身で行うことが出来れば、任意整理も自分で扱うことが出来ます。

 

 

ですが債務者が専門家を立てずに任意整理することは大変難しいことです。

 

任意整理をしたいので今までの履歴を見せてほしいと言ったところで債権者にうまくかわされてしまうでしょう。

 

 

法的に開示請求は行われるべきとなっていますが、素人が交渉したところで交渉なれしている業者のほうはなめてかかってきますので、なかなか開示してくれないのです。

 

またその他いろいろな書類も必要となりますし、やはり専門家の後ろ盾がなければ債務整理はやりにくくなります。

 

 

ですからまずは電話相談や無料相談などで弁護士の話を聞き、自分に見合った債務整理方法を教えてもらいましょう。

 

そして債務整理は弁護士に任せておきましょう。

 

そのほうがスピーディに借金問題を解決出来ます。