債務整理 時効

債務整理をしないでも借金には時効がある?

 

借金に時効があるということをご存知でしょうか?

 

借金苦で悩んでいる人には朗報ですね。

 

まず多重債務に陥ってしまった人は、債務整理を考えるかもしれません。

 

しかしその前に、消滅時効という、借金が時効になっているかどうかを調べる必要があります。

 

 

この借金の時効は、権利を一定期間使わない場合、その権利を失ってしまうというものです。

 

つまり借金があっても取り立てが一定期間行われなければ、借金がなくなるということです。

 

債務者からすればありがたい話です。

 

 

しかし気になるのが一定期間というものです。どれくらいの期間取り立てがなければ時効になるのでしょうか?

 

民法によると5年間で消滅時効が成立するようです。

 

返済期日後5年間にわたって金融機関や消費者金融から取り立てがない場合、時効が成立するということです。

 

債務者が1円も債権者に支払っていない場合です。

 

 

しかし時効があると言っても、金融機関からの取り立てが5年間もない場合は限りなく少なく、時効成立するのはとても難しいことだと言えます。

 

消滅時効を主張出来る場合というのは、長期間借金を返していないケース、昔の借金を請求された場合、覚えのない借入金の返済を求められた場合です。

 

 

 

裁判所による確定判決などで債務が確定すると、消滅時効は5年から10年になります。

 

このあたりのことは素人には難しい話になってきますから、まず借金がどれだけあって、どのように整理すれば返済が楽になり、生活もしていけるのかを弁護士に相談すると良いでしょう。

 

特にカードローン返済がきつい場合には弁護士に相談したほうがいいようです。

 

参考:カードローン返済 弁護士