債務整理 融資

債務整理後に融資を受けることは出来るのでしょうか?

 

債務整理後に融資を受けることは出来るのでしょうか?

 

基本的に、一度債務整理をすると融資を受けることに制限がかかります。

 

一生お金を借りることが出来ない、というわけではありません。

 

様々な制限がかけられますが、融資を受けることは不可能ではありません。

 

 

 

債務整理は法的に借金を無効化し、毎日の暮らしを守るものです。

 

しかし一度債務整理をしたという情報は金融機関の中で共有されますから、お金を新たに融資してもらおうと思っても、なかなか難しいことになるのです。

 

 

債務整理は個人でも行うことが出来ます。

 

しかし非常に難しい専門性がありますから、素直に弁護士に依頼をするのが常でしょう。

 

 

債務整理を行った後に融資を受けたいと思っても、一定期間はお金を借りることは難しいでしょう。

 

任意整理の場合で最低5年は融資を新たに受けることは出来ないようです。

 

基本的に借金とはお金を返すことが出来る収入がある人が取る手段であり、最初からお金もないのに借りることは無謀であると言えます。

 

ですから、債務整理した後こそ、借金などせず、静かな生活を送ることがポイントとなります。

 

 

債務整理に関しては有能な弁護士や行政書士などに頼んで代行してもらうと自分自身にかかる負担も少なくなります。

 

参考サイト

 

クレジットカード 弁護士

 

クレジットカードの返済ができない場合は弁護士に頼むのがおすすめです。

 

詳しい話はこちらの記事で解説してあります。