債務整理 連帯保証

債務整理は連帯保証人にもかかってくる!

 

債務整理を行う場合、それは借金が多額に膨れ上がってしまった時でしょう。

 

お金を借りる際に保証人というものを付ける必要がある場合が殆どですよね。

 

債務整理をする場合、連帯保証人の扱いはどうなってくるのでしょう。

 

 

 

まず債務整理をするにあたって、連帯保証人の責任がなくなることはありません。

 

ですから、個人で債務整理をする場合、連帯保証人も債務整理をしなければならないケースもあるのです。

 

 

消費者金融やカード会社、サラ金などから連帯保証人がしっかり借金のための説明を受けていない場合は、債権者は100万円以下の罰金を払うことになります。

 

ですから連帯保証人になっている人は、色々な形で借金についての説明を受けているはずです。

 

 

 

ただ、知らないうちに連帯保証人や保証人になってしまっている場合もあるようです。

 

借金を繰り返している人ほど、勝手に連帯保証人を書き加えてお金を借りている場合が多いのです。

 

 

その場合は弁護士を通じて債権者からの請求から逃れることが出来ます。

 

いずれにしても素人がどうにか出来る簡単な問題ではありませんから、専門の弁護士に相談することをオススメします。

 

また借金を抱えている人が身内にいる場合も、早めに弁護士に相談して債務整理の用意を整えたほうが家族共にやり直すことが出来るので、早めの相談がおすすめです。

 

 

一押しサイト

 

クレジットカード 返済できない

 

クレジットカードが返済できないとどうなるのかとその対処方法についても詳しく書いてあります。

 

もしクレジットカードの返済ができずに困っているのであれば、読んでみる価値がありますよ。