債務整理 ローン組める

債務整理をした後にはローン組めるの?

 

大きな買い物と言えば家や自動車などがありますね。

 

これらは全て個人の財産という分類になります。

 

 

家も自動車も同じくローンを組んで購入することが多いですよね。

 

しかし債務整理をした人の場合、ローンは組めるのでしょうか?疑問にお答えしていきましょう。

 

 

 

まず、どのような債務整理を行ったかによってローンが組める期間が決まってきます。

 

まず任意整理や特定調整などはおよそ5年間ローンを組むことが出来ません。

 

自己破産や個人再生になると10年程度ローンを組むのが難しくなっているようです。

 

 

債務整理をすると一定期間その情報が記録されることになりますから、新規でローンを組むことが難しくなっているのです。

 

ローン審査に通る可能性も格段に低いです。

 

 

 

債務整理をした後にローンを組んで購入したいものがあるのであれば、コツコツ貯金をして現金一括払いをしたほうが早いですね。

 

急ぐ必要のない人は、情報の残る期間を待つようにしましょう。

 

 

 

緊急で必要なケースになると、配偶者名義でローンが組める場合もあります。

 

しかし第三者の保証人をつけることが義務になります。

 

また配偶者の収入が安定していることも必要です。

 

 

 

やはり債務整理後のローンを組むことは簡単にはいかないようですね。

 

弁護士などに相談するなどして、どうしれば今後の暮らしが楽になるか話し合いましょう。