債務整理 離婚 慰謝料 養育費

債務整理をすると離婚したときの慰謝料や養育費はどうなるの?

債務整理は借金を合法的に減らすことができる手段です。

 

お金の返済・支払いに困ったら使うという人がとても多いと思います。

 

ただ返済と一言で言っても、借金に限ったわけではありません。

 

離婚したときに条件によっては慰謝料を支払ったり、養育費を払わなければいけません。

 

 

その支払いはどうなるのか?というのは気になるところですよね。

 

 

まず慰謝料について話します。

 

慰謝料の場合、個人再生や自己破産をしたら慰謝料の減額または免除される可能性があります。

 

任意整理については、弁護士や司法書士の交渉力によりますが、相手側が減額を承諾する可能性は非常に低いでしょう。

 

 

 

ただしすべての場合で減額の可能性があるわけではありません。

 

「悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償債務」の場合は減額されません。

 

 

 

ただこの「悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償債務」というのは専門家でも判断が難しいもので状況によって変わります。

 

一例を挙げると、浮気による慰謝料の場合は、減額される可能性が高いです。

 

しかし、暴力を受けたなどの被害がある場合は減額されない可能性もあります。

 

正確な判断は弁護士に相談してみてください。

 

 

 

続いて養育費について話します。

 

 

養育費は免責の対象外なので、減額されることはありません。

 

たとえ自己破産をしても、養育費は相手に支払わなければなりません。

 

 

 

話をまとめると

 

慰謝料の場合は減額の可能性が十分にありますが

 

養育費を減額することはできません。

 

 

あくまで債務整理は借金を減らすための手段なので、さすがに養育費までは減らすことは難しいですね。

 

養育費をどうしても減額してほしい場合には、養育費調停を起こすしかありませんね。