債務整理 取り立て 督促電話

債務整理後に取り立てや督促電話がかかってきたときの対処方法は?

債務整理を弁護士に依頼した段階で、弁護士が金融機関や消費者金融に対して連絡を入れるので、本来であれば取り立てや督促電話がかかってくることはありません。

 

ただタイミングの問題で、ラグが発生し取り立てや督促電話がかかってくる場合もあります。

 

 

そんな時には、下手に話をする必要はなく「弁護士に債務整理をお願いしたのでそちらに聞いてください」と伝えればOKです。

 

 

注意したいのは、依頼漏れしていた債権者から取り立てや督促電話がかかってきた場合には、漏れていることを弁護士に伝えるのを忘れないでください。

 

せっかく弁護士に債務整理をお願いしたのに、借金が残っているなんて間抜けなことにならないように注意してください。

 

 

 

また、街金などの小さな消費者金融の場合、債務整理をしていることを分かっていても、連絡してくることがあります。

 

その時も弁護士に債務整理を依頼したと答えればいいのですが、しつこく連絡してくる可能性もあります。

 

そんな場合は早めに弁護士に相談してください。

 

何らかの対処法を取ってしつこい取り立てを止めてくれるはずです。

 

 

 

債務整理後の取り立てや督促電話は最悪無視しても構いません。

 

下手に交渉をするのが一番ダメなので、かかってきた場合でも冷静に対処してください。