債務整理 後 クレジットカード

債務整理後にはクレジットカードが作れない?

 

債務整理後にクレジットカードを作ることは出来るのでしょうか?

 

債務整理をするとブラックリストに載ってしまい、一生クレジットカードを持つことが出来なくなってしまう。

 

と思っている人も中にはいるようです。

 

 

 

そもそも債務整理とは任意整理や過払い金請求、自己破産、個人再生があります。

 

最もよく聞かれる自己破産は借金がゼロになる代わりに、自分が持っている全ての財産を差し押さえられてしまうということです。

 

 

借金を抱えている人からすれば、債務整理は借金を少しでも安くしてもらえる法的行為で、助かったと思えるでしょう。

 

しかしクレジットカード会社はそうは思いません。

 

二度と取引をしたくない、損失を出した顧客という視点でしか見なくなります。

 

ですから、債務整理後に以前持っていたクレジットカードを再度作ろうと思っても、そのカード会社の審査には非常に通りにくくなってしまいます。

 

 

 

しかし、債務整理確定後、5年から7年後には金融機関が使う信用個人情報から名前が消えますから、その点からいえば、時間が経てば再びクレジットカードを作ることが出来ると考えられます。

 

しかし5年以上時間が経過しなければクレジットカードを持つことが出来ませんから、多少の不便はあるでしょう。

 

しかし借金を膨らましてしまった自分自身に責任があるので仕方ありません。

 

当面はデビットカードを使うなどして期限を待ちましょう。

 

 

 

また債務整理のためには弁護士を依頼して債権者の間とやりとりしてもらうほうが現実的です。

 

弁護士費用も気になりますが、無料で相談を受け付けている事務所が多いですから、気軽に事務所に相談しに行きましょう。