債務整理 ペナルティ

債務整理で負うべきペナルティが知りたい

 

返してもきりがないくらい元本が減らない借金地獄に陥っている人が、やがて辿り着くのが債務整理という手段です。

 

最初に不安に感じることはどんな社会的ペナルティを負い、デメリットを負うことになるのかという点でしょう。

 

 

債務整理にはいくつか種類があります。その種類によってもペナルティは異なります。

 

詳しくは弁護士事務所で相談してみると良いでしょう。

 

 

任意整理のペナルティとしては、ブラックリストに5年間載るということです。

 

新しく借入したりクレジットカードを作ったりすることが出来ません。

 

急に現金が必要になった場合、困りますね。

 

 

 

自己破産のペナルティとしては10年間はブラックリストに載るという点です。

 

もちろんこちらも新しく借入したりクレジットカードを作成することは不可能です。

 

また一定の額以上の財産を手放さねばならない可能性もあります。

 

一見借金が全額ゼロ円になるので楽に見えますが、社会的信用は地に落ちます。

 

 

 

個人再生は10年間ブラックリストに載ります。

 

ローンが組めないなど、こちらも同じく借入が出来なくなります。

 

そして官報というものに掲載されますが、これらは金融業者くらいしか目を通さないものですから、借金返済のための債務整理をしたということは周囲にばれずに済みます。

 

 

借金が返しやすくなったけれど、ペナルティはそれ相応にあります。

 

しかしペナルティも考えてみればそこまで苦しいものではないかと思います。

 

借金地獄から逃れるためには少しくらいのペナルティは我慢しましょう。

 

 

 

また債務整理の相談は弁護士が適切です。

 

着手金ゼロ円で始めてくれる事務所もありますから、まずは無料相談してみましょう。