債務整理後 保証人 奨学金

債務整理後に保証人になれないの?子供の奨学金も無理なの?

債務整理後に保証人になってほしいと頼まれたときに、保証人になれるかどうかって気になりますよね。

 

 

債務整理をした場合、信用情報がブラックになるのは知っていると思いますが、それが保証人にも関係してくるのかは分からない人も多いと思います。

 

 

しかし、信用情報がブラックだと保証人であってもなれません。

 

結局保証人というのは、お金を借りた人が万が一返済できなくなった場合に代わりに返済してもらうためにいます。

 

その人の支払い能力がなければ、保証人として役に立ちません。

 

信用情報がブラックということは、支払い能力に問題があるということなので、保証人にもなれないんです。

 

仮に保証人として名前を貸したとしても、審査の段階で落とされてしまいます。

 

 

 

他人のローンや借金であれば断ることも難しくないですが、子供の奨学金にも保証人が必要ですよね。

 

昔は奨学金の審査はあまり厳しくなかったので、債務整理後でも保証人になれたケースもあるのですが、最近は審査が厳しくなり、債務整理後では保証人になることは難しいです。

 

 

そのため、債務整理をした人以外の家族や親、親戚などに頼むしかありません。

 

例えば、父親が債務整理をしていたら、母親の名前を書くなどの対策が必要です。

 

 

債務整理をしてから5年〜10年の間はブラックリストに載っています。

 

基本的にその期間は保証人になるのは難しいと覚えておきましょう。