債務整理後 デビットカード

債務整理後にデビットカードを新しく作ることはできる?

債務整理をすると新しくクレジットカードを作ることは難しくなります。

 

クレジットカードを作るときに信用情報を見られるので、それで債務整理をしたことが分かると申し込みを断られてしまうんです。

 

でも、クレジットカードがないと買い物に不便ですよね。

 

ネットの通販で買い物するときには、クレジットカードが手数料もかからずお得ですし。

 

そんな時におすすめなのが、デビットカードです。

 

デビットカードであれば、債務整理後でも作ることができます。

 

 

 

というのも、クレジットカードとデビットカードは似たようなものに思えるのですが、中身が全然異なるからです。

 

クレジットカードの場合、クレジットカード会社がまず立て替えて支払いを行ってくれます。

 

それを後でまとめて清算するというのが、クレジットカードの仕組みです。

 

 

それに対して、デビットカードの場合は、買い物をした直後に銀行の残高から引き落とされます。

 

クレジットカード会社が立て替えることがなくリスクがないので、債務整理後でも作ることができるのです。

 

 

 

デビットカードは完全にクレジットカードと同じというわけではありませんが、使い勝手はいいです。

 

銀行にお金を入れておけば、その分だけ使えますからね。

 

返済を引き延ばせないというデメリットはありますが、債務整理後に余計な借金を重ねないためにもある意味ちょうどいいかもしれません。

 

 

債務整理後であってもデビットカードなら新しく作ることができるので、クレジットカード代わりに作っておくといいですよ。