債務整理 個人再生

債務整理の個人再生とはどういう手段?

 

比較新しい債務整理の方法として個人再生というものがあります。

 

2001年にスタートした制度で、収入に応じて支払う借金の額を決め、返済計画を立てます。

 

決められた期間のうちに決められた分の借金を返済出来たら、残りの借金をゼロにすることが出来るという法律です。

 

 

 

手続きとしては住宅ローンを除く債務が5000万円以下の債務者で、一定の収入が安定してあることが条件になります。

 

 

 

この個人再生の特徴はマイホームを維持したまま債務整理出来るという点です。

 

しかし住宅ローンについては債務のカットはありません。

 

利息の免除もありませんから、マイホームの借入残高が多い人は難しいかもしれませんね。

 

 

 

また自己破産と異なり、財産全てを手放す必要がありません。

 

このことによりだいぶ債務者はだいぶ救われることでしょう。

 

自己破産において破産手続きをすれば、財産全ては原則債権者のものとなり、自由に売買することが出来ます。

 

しかし個人再生では3年間は収入や財産を維持することが出来ますから、自己破産よりもまだ救われた法律と言えます。

 

 

 

免責許可が下りないというケースも少なく、要件に当てはまっていれば個人再生は可能となります。

 

ですからまずは個人再生とは何かというものを、また債務整理の合計4タイプから何が最もあなたに適しているかを弁護士に相談するようにしましょう。

 

今では電話相談や無料相談会などが開かれていますから、ぜひその場で相談してみることをお勧めします。