債務整理 奨学金

債務整理しても奨学金はもらえる?

 

奨学金を返済中の人が借金を抱えることもあるようですね。

 

奨学金とは大学や高校など学校からお金を前借したお金のことで、卒業すると返済義務が発生します。

 

 

その奨学金の返済が負担になり、借金を重ねてしまい、多重債務者になってしまうこともあります。

 

その場合、債務整理をするとどうなるのでしょう。

 

基本的には、保証人に請求がいきます。

 

 

奨学金には保証人がついているケースが殆どです。

 

任意整理をすると奨学金の支払いは保証人に請求がいきます。

 

しかし任意整理でも返済が困難な重度の借金者に対しては、個人再生や自己破産を検討することも視野に入れておかねばなりません。

 

この場合内緒で債務整理を行っても、保証人に奨学金の請求はいきますから、隠し切れることはないでしょう。

 

 

奨学金の保証人には親がなっているケースが多く、親の事故情報として情報が信用機関に掲載されます。

 

子供に関しては情報が乗りませんので、今までと同じ生活を続けることが出来ます。

 

また奨学金を受けたいけれどブラックリストに載っている親を持つ学生もいるでしょう。

 

基本的には親のブラックは子供には関係ありませんから、奨学金を受け取ることが出来ます。

 

 

奨学金を受ける際は、将来も返済を続けていけるかどうかしっかり検討して受け取るようにしましょう。

 

まずは返済に迷った場合、弁護士に相談することをおすすめします。