債務整理 マイホーム

債務整理してもマイホームを手放したくない!

 

借金がかさんでどうしようもなくなった場合、債務整理を考える人は、多重債務者である人なら一度は考えるのではないでしょうか?

 

しかし債務整理は簡単に行えることではありません。

 

マイホームを持っている場合、財産の一部として手放さなければなりません。

 

簡単に自己破産などといった債務整理に踏み込めないケースも多いのです。

 

 

 

自己破産すれば借金がゼロになりますから、精神的にも安定してイチからやり直せる、と思う人もいます。

 

そんな方は個人再生という方法をとると、マイホームを手放さずに借金の見直しをすることが出来るのです。

 

 

 

住宅ローン以外の借金を100万円か5分の1のどちらかまで減らすことが出来る債務整理の手段となっています。

 

いくつか条件があり、それらを満たしている人が個人再生によってマイホームをキープしたまま借金を減らすことが出来ます。

 

 

条件の中には返済期間が3年から5年であるということ、住宅ローン以外の借金が5000万円を超えていると個人再生は出来なくなります。

 

住宅ローンの返済についても返済期間を延長するなどの手段をとることが出来ますから、条件にあった方は個人再生という債務整理の方法を選ぶと有利でしょう。

 

 

しかし素人には自分の借金に対して何が有効であるか殆ど知ることはありません。

 

ですからまずは一度無料で行われている専門弁護士に相談しにいきましょう。

 

司法書士でも相談に乗ってくれますから、自宅近くの信頼出来る弁護士事務所の扉を叩いてみましょう。

 

 

参考:債務整理 弁護士

 

債務整理を弁護士に相談する前に一度は見ておく価値はあります。