債務整理 条件

債務整理するためには条件があります。

 

債務整理するためには条件がいくつかあります。

 

まず収入がない場合、債務整理は出来るのか?という問題があります。

 

 

これに関しては近いうちに就職が決まっている、収入を定期的に得ることが出来る状態であれば、今現在無職であっても債務整理を行うことが出来ます。

 

また借金を支払うだけの財産を持っていることも債務整理が出来る条件の1つです。

 

 

無職の人が債務整理を行うための条件としては、

 

定期的な収入がある、収入から生活費を差し引いても3年から4年以内には完済出来ることが条件となっています。

 

 

債務整理で任意整理を行った場合、利息制限法という法律を使って借金そのものを減額することが出来ます。

 

弁護士に依頼するとスピーディに解決出来るでしょう。

 

 

しかし任意整理をした場合は信用個人情報という機関に事故者としておよそ5年は登録されてしまいます。

 

しかし車、マイホームなど全ての財産を失う自己破産よりも、財産を残したまま債務整理が出来るのでおすすめです。

 

 

 

では定期的に収入を得ることが出来ない場合、債務整理は出来ないのでしょうか?

 

答えとしては、配偶者や家族が返済が出来る状態であれば、債務整理を行うことが出来ます。

 

そのための条件として配偶者に一定の収入がある、家族に返済出来るだけの財産があることが条件となります。

 

 

自己破産の場合は全ての借金をゼロにすることが出来ますが、必要最低限の生活費用以外の財産を全て手放すことになります。

 

一からやり直せるとはいえ、負担は大きいことでしょう。

 

 

自分の借金の状態や債務整理の方法については債務整理に強い弁護士に一度無料相談をさせてもらいましょう。

 

そして必ず弁護士をたてて、債務整理を行うことをオススメします。