債務整理 税金

債務整理しても税金は免除されない!?

 

借金を抱えて自転車操業になっている人が最終的に使う手段として債務整理という法的に守られた法律があります。

 

借金の額を減額出来たり、返済期間を延ばしてもらえたりする制度です。

 

この債務整理の中に自己破産という方法があります。

 

 

皆さん自己破産にはなんとなく破綻したイメージがありますよね。

 

しかし、借金全部がゼロになってしまう、簡単なイメージを持っている人もいます。

 

 

 

しかし自己破産をしても支払が免除されないケースもあるのです。

 

車、マイホームなどの税金を滞納している場合は、滞納している分の税金を支払う義務が残ります。

 

 

自己破産をしても税金については免除されないのです。

 

民事再生、特定調停を行ったとしても支払額の減額はないようですね。

 

 

国民税、住民税、保険税なども含まれますから、自己破産して何もかも失っても、税金だけはしっかり支払う義務が残ってしまうのです。

 

 

もしどうしても払うことが出来なくなっているのなら、役所に相談に行きましょう。

 

借金を免除してくれるわけではありませんが、返済計画を一緒に考えてくれたり滞納分を分割払いにしてもらえるなどの手続きをしてくれます。

 

このように債務整理をしても税金を払わなければならないようです。

 

難しい問題になってきますから、専門家である弁護士に早めに相談することをオススメします。