債務整理 任意整理 違い

債務整理と任意整理の違いは何?

 

債務整理とは借金を減額する法的な手続きのことです。

 

その手続きは4タイプあり、個人の借金の額に応じてタイプ別に支払方法を決めていきます。

 

 

その4つの中に任意整理というものがあります。

 

裁判所など公的な機関を通さず、サラ金業者と交渉して、和解するのが任意整理です。

 

利息や毎月の支払額を減免してもらい、負担を減らしてもらう方法です。

 

しかし借金を作った個人が任意整理をしようとしても業者は相手にしてくれません。

 

ですから、腕のたつ弁護士を間にたてて交渉していきましょう。

 

 

 

また、債務者が弁護士や司法書士に任意整理を依頼する場合は、全ての借金を打ち明ける必要があります。

 

これから一緒に返済を頑張っていく上で隠し事は出来ません。

 

そして債務者の収入から基本的には3年未満で返済出来るかどうかで任意整理を行います。

 

あまり長期間にわたる返済計画になると、まず業者がOKを出してくれないのです。

 

 

 

裁判所を通さない任意整理は、弁護士に頼むのが常識です。

 

個人で交渉をしようとしてもサラ金業者はその手の問題については慣れていますし、ある意味専門家です。

 

ですから必ず債務整理を行いたい場合は弁護士事務所のドアをたたきましょう。

 

その前に、まずは無料相談で自分の借金状況を第三者の目で判断してもらいましょう。

 

 

一押しサイト

 

借金 返済

 

借金の返済方法について詳しくまとめています。

 

借金の返済が苦しい場合には一度見てみることをお勧めします。