債務整理 過払い金

債務整理で過払い金が戻るメリットとデメリットは?

 

債務整理を行うにあたって、過払い金が生じる場合があります。

 

その際、メリットとデメリットがありますので、それを事前に知っておくと良いでしょう。

 

 

まずメリットとしてあげられるのが借金がなくなり、さらにお金が戻ってくるという点です。

 

現金が手元に戻ってきますから、借金で苦しんでいる人にとって嬉しいことでしょう。

 

過払い金請求の多くは帰ってきた過払い金で賄うことも出来ますから、弁護士費用を心配する必要もないということですね。

 

 

しかしデメリットもあります。

 

請求先の業者と二度と取引が出来なくなるという点です。

 

大手の金融機関を相手にするのであれば、今後のことを考えると多少デメリットを感じることはあるでしょう。

 

 

 

過払い金を請求するためにはまず専門の弁護士に依頼することから始まります。

 

相談に行くためにまず用意するものは借入先住所や現在の債務額、取引開始月をまとめておくと相談もスムーズに行うことが出来ます。

 

 

 

さらにサラ金のクレジットカードや最近届いた請求書なども持参すると良いでしょう。

 

過払い金は長く利息を払いすぎたために生じるものですから、借入開始月はかなり重要になります。

 

弁護士が債務者から介入することになれば、取り立てが止まります。

 

そのことで精神的にも楽になれるでしょう。

 

そして取引明細を見て、過払い金がどれくらいになるのか計算をし、業者に連絡をします。

 

返還の時期や金額などで互いに和解が成立したら、過払い金が払い戻されるようになります。

 

 

 

ここで注意したいのは過払い金があるかもしれないと思った時点で、素早く弁護士に依頼することです。

 

最近は過払い金を払い過ぎ、倒産に追い込まれる業者も増えているからです。

 

もちろん倒産していれば過払い金の返金が出来なくなります。

 

 

昨今過払い金問題が取りざたされていますから、業者の倒産率も高いのです。

 

大手の金融機関なら問題ないかと思われますが、サラ金など闇金融の場合、スピーディに動かねばお金が返ってこない心配があります。

 

早めに弁護士に依頼して過払い金を取り戻しましょう。