債務整理 楽天カード

債務整理すると楽天カードが持てなくなる?

 

債務整理をするとクレジットカードが一定期間持てなくなります。

 

楽天カードも同じく、持つことが出来なくなります。

 

持っていた人は破棄するしかありません。

 

 

債務整理を行うと個人情報に異動という情報が残ります。

 

クレジットカードを作る際に、この信用個人情報は必ずと言って良いほど参照されます。

 

そこで、異動という情報が残っていれば、かなりの確率でクレジットの審査に通らなくなってしまいます。

 

異動情報は60日以上の滞納や返済事故がある場合に情報として掲載されますから、注意が必要です。

 

 

 

債務整理をした場合、基本的には5年経てば信用情報は綺麗になり、異動という情報も消えることが分かっています。

 

ですから、債務整理をした人は、最低でも5年待ってから、新しくクレジットカードを作るようにしましょう。

 

またその際には以前使っていてブラックになったカード会社ではなく、全く新しいカード会社でクレジットを作ることをオススメします。

 

楽天カードなどは簡単に作れますが、楽天カードでもブラックになってしまった場合、ポイント還元が高く嬉しいカードですが申し込まないようにしましょう。

 

 

このような詳しい情報は弁護士事務所で相談することが出来ますから、債務整理を考えている人は弁護士事務所でまずは無料相談を受けてみましょう。

 

 

一押しサイト

 

自己破産 銀行員 解雇