債務整理 返済 遅延

債務整理後の返済で遅延した場合は?

 

突発的支出、転職など大きなお金を債務整理後に行う場合、出費が必要になり借金の支払いが遅れる、またはその月だけ出来なくなるケースもあるでしょう。

 

その場合、今月は無理でも来月支払える、状態であるのなら、改めて債務整理を行う必要はありません。

 

和解契約において殆どの場合、遅延額が毎月の支払の2回分以上になった場合、期限の利益を失うという契約となっています。

 

それまでの分割払いではなく、残っている債務の全額を一度に返済しなければならないのです。

 

また一括返済後には元本を加算して支払うケースもあるため、遅延することはけして債務整理後の返済にあたっては気を付ける必要があります。

 

 

 

2回分という点で、例え1万円でも不足金額は2万円となります。

 

不足金額が2回分以上にならなければ和解は無効にはなりません。

 

払えない月が2月以上になる場合は、再度債務整理をする必要があります。

 

 

 

また2回分の返済が遅延した場合、その後も支払を開始出来れば分割払いによって返済に応じてくれることが殆どですから、諦める必要はありません。

 

しっかり誠意を見せて債務整理完了まで支払いを続けていくことが良いでしょう。

 

 

そのためには何でも気軽に相談出来る弁護士の先生を見つけておくことが大切です。

 

債務整理そのものを素人がするには大変ですから、専門の弁護士や司法書士などに相談してから始めましょう。

 

 

おすすめサイト

 

闇金 払えない