債務整理中 自己破産

債務整理中の返済ができない時に自己破産することはできる?

債務整理をしたとき、自己破産以外では3〜5年かけて返済することになります。

 

債務整理した当時は問題なく返済できると思っていても、急にリストラにあったり、病気になったりして返済が難しくなるケースもあります。

 

このように返済が難しくなった場合、もう頼るものと言ったら自己破産しかありませんよね。

 

 

じゃあ、任意整理や個人再生の返済中に自己破産に切り替えることができるのか?というと

 

それは可能です。

 

法律で禁じられているわけではないので、債務整理の途中で自己破産に切り替えることができます。

 

 

その時は、以前債務整理をお願いした弁護士や司法書士でもしいですし、新しい人に頼んでも大丈夫です。

 

ただ自己破産を司法書士に依頼する場合、すべてを代行してもらえるわけではないので注意してください。

 

細かい手続きをしたくないのであれば、弁護士にお願いするほうがいいでしょう。

 

 

 

また自己破産をするといっても、自己破産の手続きにお金がかかるので、それは用意しておかなければなりません。

 

状況によって異なりますが、20万円〜50万円ほどかかります。

 

 

また自分で手続きをすれば費用が安く抑えられるかもしれないと思うかもしれませんが、意外とお金がかかるのが自己破産です。

 

素人が申し込む場合、裁判所の手続きをじっくり行わなければならず、その費用がかさみます。

 

予納金で50万円ほどかかるケースがほとんどです。

 

弁護士であれば、手続きを簡略化した少額管財を利用することで費用を削減することができるのです。

 

苦労して勉強した割には、コスト削減効果は低いでしょう。

 

また弁護士を通したほうが自己破産が通りやすいので、無理に自分でやらず弁護士を頼ったほうがいいです。

 

 

ギリギリの状態で自己破産を選ぶのではなく、余裕がある段階で早めに相談をしましょう。

債務整理中の返済ができない時に自己破産することはできる?関連ページ

債務整理にかかる期間はどのくらい?
債務整理で口座凍結されてしまったらどうする?
債務整理で差し押さえられると給料がなくなる?
財産を守りつつ債務整理が出来る方法とは?
債務整理をしている最中にパスポートは取れるのか?
債務整理中は車購入は無理?自動車ローンの審査を通す方法は?
債務整理の情報をまとめたサイトです。債務整理を弁護士に依頼する前にぜひ参考にしてください。
債務整理中に携帯やスマホの分割購入が無理?契約や機種変更は?
債務整理の情報をまとめたサイトです。債務整理を弁護士に依頼する前にぜひ参考にしてください。